【今すぐ!】結婚できないかも。って不安になったらすべきこと!

「結婚願望はあるのに恋人がいない」
「結婚願望はあるのに出会うチャンスがない」
「友達の結婚式ばかり出席している自分に孤独感いっぱい」
「結婚するためのアクション方法が分からない」
「一生独身だったらどうしようと漠然と不安になる」

 

・・・ある程度の年齢になると、このような悩みは出てきますね。

 

ここでは、「どんな女性に対して男性は結婚したいと思うのか、と、結婚するための方法」を紹介します。

 

結婚願望を持ち続けている人達はどんな気持ちでいるのか、そもそもなんで願望が芽生えるのか、
女性に対して男性はどんな所をみて結婚したいと思うのか、実際に結婚する方法という順番で説明していきます。
少し話が長くなりますが、結婚したいと願う人は最後まで読んでみてください。

 

 

本当はどう思ってる?独身に聞いた結婚したいと思う意識調査

今は昔に比べて結婚をしない人も増えてきましたね。確かに独身率は上昇していますが、心の中では「結婚したい」と思っている独身の人の割合って分かりませんよね。

 

国立社会保障・人口問題研究所が2015年に実施した
『第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)』によると、
「いずれ結婚するつもり」と答えた18歳?34歳の未婚者の割合は、
男性で85.7%、女性で89.3%でした。

 

一方「一生結婚するつもりはない」と答えた未婚者は男性が12.0%、女性が8.0%でした。

 

第15回出生動向基本調査の円グラフ1

 

第15回出生動向基本調査の円グラフ2

 

この調査は毎年5年毎に調査しているのですが、2010年に比べると初めから結婚願望がないという人は少し増えていることが分かりますね。
しかも、このような人達は年々増えているのが実情・・・

 

しかし、「その内に結婚するつもり」という気持ちを持っている18〜34歳の独身者の中で、1年内に決めたいと考えている人は男性が45.5%、女性は52.6%だということが分かりました。

 

女性の方がやはりちょっとだけ、結婚したいという気持ちが強いようです。

 

これだけ結婚したい人がいるなら、スムーズにいきそうな気もしますがそうでもありません。
したいけどできない人も中にはいます。

 

例えば、結婚するだけのお金が貯まらないなどの金銭問題はよくあるようです。
この金銭問題は実に結婚への障害としては多く、男性の場合は43.3%、女性だと41.9%にも上ります。

 

結婚はしたいけど、お金が貯まらないから難しいと足踏みしている人が多いことが分かりますね。

 

また、結婚したくてもできない理由には「そもそも相手がみつからない」という理由もあるようです。

 

相手がそもそもいないという人は男性は69.8%、女性は59.1%になります。
付き合った経験がないから結婚もできない、という人が半分はいるということですね。

 

では、結婚した人が平均していくつくらいで結婚していたかというと、男性の場合は30.4歳、女性は28.6歳でしています。

 

また、今は年齢が高くなっているとは言うものの、やはり女性の場合は20代で結婚しようと動いている人が多いもの。

 

 

もしかしてあなたもそう?「結婚したい症候群」になっている女性はこんな人!

 

「友達がどんどん結婚していってしまう!自分も早く結婚して幸せになりたい!」と強く思っている人は「結婚したい症候群」になっていることがあります。

 

この特徴は、いつでもどこでも「早く結婚したい」「幸せなお嫁さんになりたい」と言っています。

 

結婚というものは「幸せいっぱい」「将来のあこがれ」と思い、自分が早くその現実に近づくようになりたいと常に思い続けているのです。

 

「友達の結婚までの道のりを私もたどれば・・・」なんて幸せになっている人達を参考にしてみたり、
結婚できる方法を色々探ってみるものの、実際に自分にはなかなか縁がなかったりすると「なんで私は上手くいかないの!?」と辛い気持ちになってしまうなんてことが!

 

このような「結婚したい症候群」になっている人にはちょっとした特徴があります。

 

こんな考えの人は「結婚したい症候群」かも!5つの特徴をチェック!

  • 結婚への願望が普通の人よりも強すぎる
  • 安定して付き合っていそうな人達を見ると苦しくなる
  • 結婚対象になりそうな人がいるとすぐに結婚へ仕向けたくなる
  • いつか自分にもキラキラの王子様が現われると信じている
  • 男性と付き合う時には欠点ばかりが気になる

 

「あぁ!こんな友達確かにいる!」って人もいるのではないでしょうか?もうちょっと詳しく解説します。

 

結婚への願望が普通の人よりも強すぎる

症候群の代表的な症状はこの症状です。
とにかく結婚への願望が強い!他の人が「そこまで?」と思う程でしょう。

 

「私にピッタリの人が現われたらすぐに結婚したい」と思っているタイプで、
「自分にピッタリの人と結婚するんだから当然幸せになれるに決まっている」という、結婚へのリスクをあまり考えずに夢だけ見ているのです。

 

こんな人は周りの人に「結婚は早くしたい」と嬉しそうに言うものですが、その対象となる相手がちょっと難しい。

 

症候群の対象者は「自分が相手のことを好きすぎて仕方ない」「もうこの人のことしか見えない」と考えるくらいの人のことを言います。

 

つまり、自分が100%大満足する相手ではないと結婚したいと思わないということです。

 

これって、実際難しいことですよね。だから上手くいかないことも多いのです。

 

安定して付き合っていそうな人達を見ると苦しくなる

自分がフリーなのに、腕をくんで楽しそうに街を歩いているカップルを見るのが辛いという人がいます。
こういう人達も結婚したい症候群と言えます。

 

例えば、自分とずっと「付き合った」「別れた」と話し合ってきた友達がついに結婚すると聞いた時、素直に喜ぶことができなかったり、式にも実は参列したくないと思っているのがこういった人達。

 

つまり、自分よりも幸せそうな人、自分よりも先に幸せを手に入れた人が気に入らないのです。

 

これは、自分だって既婚者の仲間入りを早くしたいのに出来ないという悔しさからこうなるもの。
そのため、「結婚」と聞くだけで「もう勘弁してよ」と拒否反応が出てしまうのです。

 

結婚対象になりそうな人がいるとすぐに結婚へ仕向けたくなる

「あなたが早く”結婚しよう”って言わないから急かせてるんだよ!」と遠回りに彼氏にアピールしまくる女性のこと。

 

一緒にテレビを見ていて結婚会見などが行われようものなら「あのウエディングドレス、私も着てみたいな」「あの人、私と同じ年だわ」などと言ったり、
共通の友達が結婚する時には「やっぱり今ぐらいが一番いいって言ってたよ!」なんてちょっと踏み込んだことを言ってしまったり・・・。

 

「早く!」「結婚しようって言ってよ!」という気持ちが前に出すぎて、男性にどんどんしたいアピールをしまくるのが特徴。

 

症候群の人は、こうやって男性に仕向ける行動を取りやすいです。

 

しかし、このような言葉ばかりを浴びせられると男性は、自分のペースが崩されて逆に結婚したくなくなる場合も!
「重い女」というレッテルを貼られて、ゴールイン間近でも別れを告げる男性もいるので気をつけましょう。

 

いつか自分にもキラキラの王子様が現われると信じている

自分から相手を見つけようとせず、「いつか現われるだろう」とドーンと構えている人がいます。

 

「自分の好みの人が今は現われていないだけ」「がんばらなくてもその内運命の人が目の前に来てくれる」と思い込み、結婚相談所などに登録して自分から相手を探そうとすることはありません。

 

しかし、このような人達は「運命の人が来たら動く」というスタイルの人達なので、運命の人をのんびり待っている間にどんどん周りは既婚して、気がつけば自分だけが独身だったということになりかねません。

 

この症候群の人は、「運命の人はその内に現われる」と受け身で構えている人のこと。

 

このような人達は、親の敷いたレールにきれいに沿って走ってきた傾向があり、自分で道を切り開こうとしてこなかった人に多いです。そのため、自分で色々なことが決められません。

 

例えば、友人があなたに合いそうな人を紹介してくれても「この人が運命の人!」と決めることは難しく、「他にいい人いないの?」と偉そうに言ってしまうこともあります。

 

こういう人達は、友達からも引かれてしまう可能性があるので気をつけたいですね。

 

男性と付き合う時には欠点ばかりが気になる

結婚に対して相手に求める条件があり、それに当てはまらない所を減点してしまう人のこと。

 

初めから「この条件とこの条件は絶対に外せない!」と当然のように思っているので、交際対象となる男性が現われてもスペックから厳しくチェックする特徴があります。

 

つまり、この症候群の特徴は自分の結婚条件に当てはまらない所を次々に減点していく人のことを言います。

 

しかし、完璧な人なんてないのであなたの条件に100%当てはまる人もいないのです。
だから結婚したくてもまったく相手が見つかりません。

 

自分の条件に合わない所は相手の特徴と思ったりしてしまうので、柔軟に相手の魅力を受け入れる気持ちが大切です。

 

これを読んで、自分も結婚したい症候群に片足入れているのでは?と思った人も多いのではないでしょうか?

では、あなたはどうして結婚したいの?

そもそも、自分が結婚を望む目的って何なのでしょうか?ここを明確にしなければ理想的な結婚をすることは難しくなります。

 

多くの女性の場合、下記のような要因があることが多いです。

 

  • 心の支えがほしい
  • 子供を授かりたい
  • 友達や両親からとやかく言われる
  • 結婚する平均的な年齢になった
  • 自分の友達が結婚しまくっている
  • 寂しい、辛い

 

願望があることは同じでも、どうして結婚したいと思ったかというのはそれぞれ違うということですね。
もう少し詳しく見てみましょう。

 

心の支えがほしい

「1人でいたくない」「楽しい時も一緒に笑い合える人がほしい」と思うの人は、当然結婚したいという気持ちに繋がりますよね。

 

誰だって人間生きていれば「辛い・・・」と思う時はあるものです。
そういう時に自分1人で耐えるのと、パートナーと一緒に乗り越えるのでは、やはりパートナーがいてほしいと思うもの。

 

つまり、心が折れそうになった時に支えになってくれる人がいてほしいということ。

 

「自分が立ち直れないくらいに辛い時、パートナーがいたらいつでも相談できるし乗り越えられそう」
「辛いことは半分に、楽しいことは2倍になりそう」と思えるような人と結婚したいと考えると、「早く自分も結婚したい」と思うようです。

 

確かに、パートナーがいれば独身の頃よりも心に余裕が出ることが多いですし、
金銭的にも恵まれてその先ずっと安定した生活を送れるかもしれないと思うと、結婚したいと考えちゃいますよね。

 

子供を授かりたい

女性の場合は、特に子供がほしいと思う傾向があります。

 

これは、女性には生まれた時から母性本能があるからです。そのため、自分の子供を産んでいなくても子供を育てたい・子供はかわいいと心から願うのです。

 

結婚したい理由は、自分の子供を授かりたいという人、あなたの周りにもいるのでは?

 

また、女性は子供を産む適齢期がありますよね。高齢になればなる程子供は授かりにくくなります。

 

そのため、本当に子供がほしいと考える人ほど、急いでゴールインしたいと願う傾向にあります。

 

友達や両親からとやかく言われる

自分よりも先にゴールインしている人達から、とやかく結婚について言われるので自分もしたいと思う人もいます。

 

つまり、友達や両親からの圧力が、うっとうしくなった時ということですね。

 

もしも、あなたが適齢期を迎えていたり、その年齢を過ぎていたりする場合、
1度は誰かから「結婚はそろそろ?」「1回くらいしてみなよ!」「早い方がいいよ」なんて言われたことがあるのではないでしょうか?

 

こういうことをずっと言われ続けていると、本人は会う度にその話しをされることにうんざりするので、「もうめんどくさいから結婚しとけ」となげやりになる人もいます。

 

結婚する平均的な年齢になった

結婚適齢期というものがあります。
この適齢期を迎えると、自然と意識する女性は多くなります。

 

では、その結婚適齢期ってどのくらいの年齢なのかというと、今の時代は20代後半から30代くらいまでを指します。
テレビなどで「アラサー」と呼ばれる人達が該当しますね。

 

アラサーになると、次々と結婚していく人が増えるので、嫌でも意識してしまう。

 

だから、結婚適齢期を迎えた人は、周りが結婚式などを挙げることで自然と自分も意識し始めるということ。

 

つまり、今までの自分はまだまだいいやと思っていたのに、自分と同じだと考えていた友達がどんどん結婚していくと「自分も結婚しなくちゃ」と思うようになる。

 

また、適齢期になると仕事も少し余裕が出てきて、プライべートでも金銭的や時間的にも余裕が出てくるものです。
そうなると結婚にも意識を向けられるようになる人が増える傾向にあります。

 

自分の友達が結婚しまくっている

ちょっと前まで一緒に合コンしていた仲間がゴールインしていくと「自分もこんなことばかりやっていられない!」と結婚に意識が向きがちです。

 

友達が結婚の報告が増えたことで、自分もしたいと思う女性もかなり多いです。

 

そういう女性の場合、友達の結婚式に参列したり純白ウエディングドレスを見てしまうとかなり焦ったり精神的に落ち込むもの。
自分がまだ経験していないことを幸せいっぱいオーラで見せつけられると、取り残された感じになりますよね。

 

そして、「私だってウエディングドレスが着たい」「友達みたいに嬉しそうにバージンロードが歩きたい」という願望が募り、結婚願望が膨らみます。

 

寂しい、辛い

寝込むほどの風邪を引いてしまい、1人で布団の中にくるまっている時、「看病してくれるパートナーがほしい」「大丈夫って仕事の合間でもいいから連絡くれる旦那がほしい」なんて思う人も少なくありません。

 

つまり、自分の気持ちが弱っている時に結婚したいと思うということです。

 

また、仕事で上司に怒られたりした時なども「辛いな。家庭に入っていたらこんな経験しなくてもいいのに」と思うことも。

 

少し結婚を逃げ道のように思ってしまうようですが、誰だって寂しい時や辛い時は誰かに支えてほしいと思うものですよね。

 

先程紹介した、「心の支えがほしい」にも似ているのですが、1人だとどうしようもなく辛いことでも、2人でいるなら楽になるかもと願う人は結婚を早くしたいと思うものです。

「結婚願望はあるのに結婚にたどり着かない・・・」女性ってどんなタイプ?

「自分よりも性格も顔も下だと思っていた友達でも結婚したのに、何で私はできないの?」
「結婚をトントン拍子に決めていく友達と上手く行き着かない私の違いって何?」

 

と考えることありませんか?

 

「結婚願望はあるのになかなかたどり着かない」と悩んでいる女性は、下記の12パターンの特徴があります。

 

<結婚にたどり着かない人の12の特徴〜生活編〜>

  • 自分が定める条件に当てはまらないと嫌
  • マイナス方向にばかり考える
  • 結婚相手がいなくても生活していける
  • ちょっとしたことでもすぐに疑ってしまう
  • 引いてしまう程性格が強い
  • 母親としての優しさが感じられない
  • 周りのことを考えられない
  • 外に出歩くのが大好き

 

<外見編>

  • 普通によくいる美人
  • 金遣いが荒そうな人
  • おしとやかさがない
  • 家事が下手そう

 

あなたはどれかあてはまりましたか?

 

結婚したいけどできない理由は、このようにあなたが見えているからが原因かもしれませんね。

 

この先では、もう少し詳しく解説していきます。
「なんで私が結婚できないの?その理由を詳しく知りたい!」という方はこの先も読み進んでみてください。

 

そもそも男性ってどんな女性に結婚したいと思う?9つの特徴を紹介!

早く結婚を実現させるには、やはり男性から「この人と結婚しよう」と決心させることが近道ですよね。
でも、なかなか男性の結婚したい相手って分かるようで分からないもの。

 

男性が結婚したいと思う女性9つのタイプの特徴を見てみましょう。

  • 男性を褒めることができる
  • 仕事の大変さを労ってくれる
  • 2人でいると楽しいと思える
  • 笑顔が素敵でよく笑う
  • 家事ができて家庭に入ることに何も抵抗がなさそうな女性
  • 家族と仲良く育ってきた
  • 品があり女性としての魅力がある人
  • 社会人として自立している
  • 2人でどんなことも乗り越えられそうな女性

 

男性を褒めることができる

男性は、女性に褒められたり、自分を立ててくれる人と一緒にいたいと思います。
自分のそばで、そっと自分を立ててくれる人と結婚したいと思うようですね。

 

しかし、今の時代って女性も社会進出がすごいので、男性よりも強くないといけないとうい考えもありますよね。
そう考えると、この男性の結婚像は少し古いのでは?と思うのではないでしょうか?

 

でも、男性ってやはり根本的な考えは、女性が自分を立ててほしいという考えがずっとあるのです。

 

いつも女性のいいなりになっている男性の場合は、心の中では辛いと思っているかもしれません。

 

自分のプライドを傷つけることなく、自分を立ててくれる女性が男性はそばにいてほしいと願うもの。
そのため、男性の前では自分よりも男性を立てることができる女性であること、また、引く時にはサッと引ける女性でいることが大事ですね。

 

仕事の大変さを労ってくれる

「今日も仕事お疲れ様でした。大変だったね」と仕事の大変さを理解しようとしてくれる人が、男性が一緒になりたいと思う女性です。

 

多くの男性の場合、1日の中心が仕事になることは多いですよね。
そのため、仕事の中で認められたり褒められると、とても嬉しいのです。

 

仕事の大変さを理解したり、理解しようとねぎらいの言葉をかけてくれる女性が男性は大好き。

 

だから、結婚に近づくためには「仕事お疲れ様」と言える女性であることが大事なのです。

 

「毎日仕事ばかりで全然話せない!」「仕事ばかりで電話もできない!」なんて怒ってしまう女性は、一緒にいたくないと思われるので気をつけましょう。

 

2人でいると楽しいと思える女性

「こいつと一緒にいると楽しいな」と思える女性が、好まれる傾向にあります。

 

男性は、毎日の仕事で緊張感に包まれているもの。
だからこそ、休日にあなたといる時には楽しい時間を過ごしたいのです。

 

一緒に話しをしていると、自分も笑っている時間が多くなるなと感じる時や、ホッと一息つけるような女性との結婚生活を想像するのです。

 

男性は結婚した後に、楽しいイメージがしやすい女性と一緒になりたいと思うもの。

 

だから、男性に「結婚しよう」と言わせるためには、楽しい時間を過ごすことができる努力は大事ですね。

 

怒りやすい女性だったり、感情がすぐに顔に出る女性は、男性も相手として排除しやすいのでできるだけ笑顔を向けたいものですね。

 

笑顔が素敵でよく笑う

付き合いたい対象としても絶対にあがるのが、このよく笑う女性。
自分が落ち込んでいる時でも笑顔でいてくれる人と一緒にいると、こちらも元気をもらえますよね!

 

それが結婚生活でも生かされる時があるのです。例えば、仕事で疲れてため息交じりで帰ってきた時でも、笑顔で「おかえりなさい」と言われれば、心がホッとするもの。

 

そのため、いつも笑顔を絶やさずにいる女性は、結婚対象として見られるのです。

 

それとは反対に、いつもどこか不機嫌そうな顔をしている女性の場合、男性も一緒にいたいとは思わないです。
やはり、同じ例えをしてみても、仕事で疲れて帰ってきた時に不機嫌そうに出迎えたら、相手にもしたくないと思ってしまいますよね。

 

男性は「この人といると元気をもらえる」「この人といれば毎日の仕事も頑張れる」と思うような女性を対象としているのです。

 

家事ができて家庭に入ることに何も抵抗がなさそうな女性

いくら最近は女性も結婚しても家庭に入ることが少なくなったとは言え、男性は内心では女性に家事の中心をやってもらいたいと思っているもの。

 

確かに、男性の中には一人暮らしを経験していて洗濯や掃除、料理などの一般的な家事ができる人もいます。
しかし、できることなら家事はしたくないもの。

 

だからこそ、冷蔵庫の残り物でササッと美味しい料理を作ってくれたり、アイロンもシワなくかけてくれることを望んでいます。
そういう女性と、結婚したいと思うのです。

 

家事の中でも、特に料理がうまい女性は、男性の中でポイントが高い。

 

男性に付き合っている時に手料理を振る舞う機会があったなら、「手作り弁当、めっちゃおいしい!」と思わせれば彼の胃袋はつかんだもの。
結婚対象としてかなり優位になることでしょう。

 

また、料理以外にもお金もしっかりとやりくりできる女性は、家庭を持ちたいと思われます。
「この人と結婚したら、自分もお金もちゃんと管理してくれそう」と思ってもらえれば、彼も安心して前向きになれますね。

 

反対に、何も考えずにお金があればあっただけ使ってしまう女性の場合、男性は一緒になろうとは思いません。
高い物ばかりを買いたがる、エステや旅行は頻繁に行く、パチンコなどが大好きという女性は見直した方がいいですね。

 

家族と仲良く育ってきた女性

温かな家庭で育ってきた女性を見ると、男性はいいなと思います。
家族と仲良くしている姿を見ることは、この人と結婚しても大丈夫そうだと感じるからです。

 

付き合っている時とは違うため、二人だけの問題ではなくなります。
結婚するということは、家族同時の付き合いがはじまり、相手方の親戚づきあいも深くなるもの。

 

男性も育ってきた家庭がありますから、その家族と彼女が仲良くしてくれるかどうかは重要なポイント!
そこを見定める方法として、今の家族はいい家庭かどうかを確認しているのです。

 

もしも、自分を育ててくれた家族のことがあまり好きじゃない感じの女性は、結婚した後の自分の家庭もあまりよく思ってくれないだろうと感じます。
こうならないためにも、自分が育ってきた家族を大切に思っている姿は見せておきましょう。

 

品があり女性としての魅力がある人

女性としての品があり誰に紹介しても恥ずかしくない人です。
結婚が決まると、男性の中にはあなたのことを仕事仲間や取引先の人にも紹介する場合もあるでしょう。

 

そんな時に、あなたが恥ずかしい行動をしていては、彼の品格も下げますしプライドも傷つけられてしまいます。
そのため、結婚対象にはどんな人に会わせても恥ずかしくないような品のある女性がいいと思うのです。

 

しかし、品のある行動はすぐにできるものではありません。だからこそ、普段から言葉使いや所作を意識することが大事。
あなたの細かい行動や言葉使いが、彼の結婚への気持ちを変化させるのです。

 

社会人として自立している

旦那に頼ることなく、一人でも生きていけるだけの力がある女性に男性は惹かれます。

 

いくら夫婦になるとは言え、全てを男性に頼るような女性の場合は、ただの重たいお荷物と感じてしまいます。
これでは生涯を考えて上手く関わり合い続けることは難しいでしょう。

 

結婚を意識させるには、男性に頼ることなく自立している女性は外せないのです。

 

男性の場合、家事は女性がやってほしいと思うものの、ある程度は同じ立ち位置で生活していきたいと思うもの。
こうでなくてはお互いに感謝することはできません。

 

そのためにも、自分の芯となる部分をしっかりと持っていることが大事。
経済的に自立して人間として大人な女性になっているからこそ、男性は「この人となら一緒になっても大丈夫」と思えるのです。

 

2人でどんなことも乗り越えられそうな女性

夫婦になるからには、二人でどんな壁も乗り越えられるだけの力が必要です。

 

そのためには、どちらか一人が壁にぶつかった時に対処をするのではなく、お互いが対処して成長し合う仲であることがベスト。

 

どんなことがあっても旦那に任せっきりの妻では、彼も嫌気がさしてしまいます。
こうならないためにも、女性として魅力を存分に出す前に人間として、好きな人に魅力的に見えるように努力することが必要です。

 

そのためにはどうしたらいいかというと、まずは彼から「素敵だな」と思ってもらえるような行動をする努力をしないといけません。
何か1つ、自分が興味のあることを徹底的にしてみることから始めると、あなたの魅力にも繋がりやすいでしょう。

 

 

次のページ >>すぐにでも結婚したい!を実現させる方法

更新履歴